起業に才能は必要ではない

起業というと、「天才」や「カリスマ」と呼ばれる「特別な人たち」にしかできないことだと思うかもしれません。確かに、誰かから教わるわけでなく、独力で成功をつかみ取れる人には特別な才能があるのかもしれません。
しかし、本来、起業に必要な能力は、「学習によって身につけることができる」と、マサチューセッツ工科大学(MIT)の起業家育成カリキュラムが証明しています。
もし、あなたが、将来、他の人と同じように企業や組織に就職することに「違和感」を感じているのであれば、自分には無理だ、と決めつける前に、正しいメソッドを学び、自分自身として直接社会に貢献できる「起業」という選択肢を持ってほしいと思います。
起業家にまつわる3つの誤解

1. 起業はひとりでおこなうものだ
⇒ いいえ。多くの起業家は仲間とチームを作って成功しています。大事なのは信頼できる仲間を集めることです。
2. 起業家はみんなカリスマ性を備えている
⇒ いいえ。カリスマ性は長期的には役に立ちません。
3. 起業家になれるかどうかは、生まれ持った素質で決まる
⇒ いいえ。起業は、学習可能な行動とプロセス(過程)です。

一般的な起業講座との違い

一般的に、高校生向けに提供されるアントレプレナーシップ系の教育プログラムは、課題発見やその解決のためのアイデア創出トレーニングや、アントレプレナーシップ(起業家精神)を育成するものが多いです。
ワオ高校では、年間900社もの起業を生み出すMIT(マサチューセッツ工科大学)の起業家育成のメソッドを中高生向けの起業家教育で日本最大の実績を誇るタクトピア様と共同開発。
基礎講座では、いきなり商品開発に入るのではなく社会と向き合い、誰のどんな課題を解決する商品やサービスがあればビジネスとして成立するのかからしっかり考えます。そして、アイデアを出し、市場・顧客を分析し、商品や サービスを作り、販路を開拓する。実践講座で、事業のサービスインにむけて体制づくり、マーケティング、資金調達と、絶え間ない改善を繰り返していきます。
通倍制高校ならではの時間設計の自由度を活かし、2年間かけて事業化を目指していきます。
プログラム開発パートナー
“グローカルリーダーへの発射台”をミッションに、世界中のパートナーと共に国内外で活動している教育事業社。2015年4月の設立以来、全国の中学・高校・大学・企業向けにグローバル研修として課題解決(アントレプレナーシップ)プログラム、アート研修、英語プログラム等を多数実施。

ワオ高校の学びの特長は?

社会の課題発見(ニーズ)、商品企画、事業計画、商品の実現と販売、検証にいたるまで「起業の全体像」を学べる!
起業に挑む中で、社会と向き合い、自分の理解を深め、自分がやりたいことを実現するスキルを身につけられる!
日本一の実績のある専門企業がワオ高向けにカスタマイズした専用のカリキュラムで学べる!
完全オンラインの学習環境が整備されていて、地域に縛られることなく、全国各地から学びを始めることができる!

最適化された
起業学習プログラム

高校生向けの起業家育成事業で日本一の実績を誇るタクトピア様の監修による専用のカリキュラムで、2年間、しっかり学んでいただきます。
カリキュラムのベースは、マサチューセッツ工科大学内の起業家育成メソッド「24 STEPS」。それを日本の高校生がゼロからでも学べるように最適化しました。
2年間という長期にわたり、知識と思考法、そして商品開発からマーケティング、資金調達まで、起業家になるためのスキルと実践を学べるオールインワンの教育カリキュラムとしては、全国でも非常に稀有なコースです。
カリキュラム
基礎講座(12か月)
前半 = ビジネスのイメージを創る
時期 学ぶ内容
1週~5週 「どんな問題を解決したい?」
(課題発見)
6週~10週 「誰を幸せにしたい?」
(ターゲット層の明確化)
11週~15週 「何を届ける?」
(商品をイメージする)
16週~20週 「出会いと幸せのストーリーを描こう」
(顧客接点・CM戦略)
後半 = 実際に手を動かして事業・商品を見える化する
時期 学ぶ内容
21週~25週 「試作品を作ろう」
(プロトタイプ制作)
26週~30週 「継続性を生み出そう」
(収益モデルの設計)
31週~35週 「アイデアを世界に発信しよう」
(ビジネスピッチに挑戦)
36週~40週 「最終発表」
(ビジネスピッチで評価を受ける)

※入学/オプション申し込みのタイミングに合わせて学習開始の時期が変動します。
中学生向けに入学前の先行学習コンテンツも用意しています。

実践講座(12か月)
前半 = 実際にビジネスを構築する
時期 学ぶ内容
1週~5週 「チームマネジメントとは?」
(事業を成功させる組織作り)
6週~10週 「カスタマー・プロブレム・フィット」
(マーケティングの真髄)
11週~15週 「プロダクト・マーケット・フィット」
(商品情報を顧客に届ける)
16週~20週 「サービスイン」
(事業運営の基礎を学んで、実践あるのみ)
後半 = 事業を継続可能なものに鍛え上げる
時期 学ぶ内容
21週~25週 「自分とチームを整える」
(チーム運営)
26週~30週 「伝える力を鍛える」
(製品名、デザイン、コピーライティングの改善)
31週~35週 「持続可能に運営する」
(資金調達・中期計画)
36週~40週 「最終発表」
(事業の振り返りと今後の活動予定)

※入学/オプション申し込みのタイミングに合わせて学習開始の時期が変動します。
中学生向けに入学前の先行学習コンテンツも用意ています。

プログラム修了後の
進路イメージ
企業経営者

ワオ高在学中に仲間と立ち上げたサービスを本格的に運営し始める。客の声などを取り入れ、サービスの改善を進める中で、必要な追加投資のための資金を調達し、スタッフも増やし、より大きな事業へと発展させていく。

大学進学

一度起業したことでビジネスの面白さに 惹かれ、より専門的な知識と多様な仲間 との出会いを求めて国内外の大学に進 学。商品やサービスに関する専門科目の ほか、経営や法律も学び、より大きな起 業家になるための成熟の期間とする。

就業・インターン

先輩起業家が経営するベンチャー企業 などに社員やインターンなどの形で入 り、より大きな規模での会社経営を実地 で学ぶ。個人では試せなかったビジネス アイデアなどを会社の資金や人材を 使ってチャレンジすることができる。

選抜⽅法と受験資格

受講資格は、ワオ高校の哲学・科学・経済の学びをはじめ英数国理社などの教育課程をキチンと学び、これに加え、志をもってミライに向けた実践的なAI/起業コースの課題に取り組める人であれば誰でも受講可能です。また、中学時代に委員会、部活動、課外活動にて実績のある方は「スカラシップ入試」にもチャレンジできる機会を用意。好きなことを社会に、没頭する能力をビジネスに活かしたい人の入学をお待ちしています。
※高1生でワオ高校へ転校してAI/起業コースで学び方は、個別にご相談ください。

スカラシップ入試はじまる!

エントリー受付中